MENU

3万円から5万円程度のキャッシングは申し込み当日中でも可能?

3万円から5万円程度のキャッシングを希望したい場合は簡単であり、こうした小口のキャッシングは業者側も貸し倒れダメージも少なく余裕を持って対応してくれます。

 

もちろん全ての方が通るのではなく、年齢や年収、職業や借金歴等を総合して判断される事になり、確実に通るとは言えないですが、審査クリアハードルは低いです。

 

無職無収入状態だったり、成人に満たない年齢、他にも過去に延滞や滞納、債務整理等を行っている場合は審査落ちリスクがあります。

 

すぐにお金が借りたい時のオススメカードローン!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

少額キャッシングなら消費者金融が有利

消費者金融と銀行の場合は金利面で銀行の方が有利ですが、審査の柔軟性と速度は消費者金融に分があり、小額融資ならば金利差による利息の影響も受けにくく消費者金融は向いています。

 

大きな借入になって返済が長引くならば銀行の方が有利な点が多いですが、元々小額キャッシング利用に向いている消費者金融ですから、3万円とか5万円程度の借入を行うなら有効な業者です。

 

金利差が現れる目安は30万円辺り

金利差による利点や弱点が表面化してくるのは、大体30万円を超える辺りと言われており、30万円よりも小さな借入の場合は消費者金融を使った方がすぐに借りる事が出来ますし、即日融資にも余裕で対応してくれます。銀行は審査が慎重かつ対応が遅い傾向もありますから、審査時のストレスも感じやすく、消費者金融は30万円以内程度なら高速融資が可能であり、3万円とか5万円程度の借金なら尚更消費者金融利用が有効です。

 

消費者金融の場合は無利息キャッシングも利用可能

消費者金融は様々な利用者が便利に使えるサービス提供しており、その中でも無利息期間の設定を行っている業者がありますから、これを併用して使う事は有効です。無利息キャッシングには借入期間と金額に制限設定があり、選択する業者によってこれらの条件が違います。このような無利息サービスを利用すると、低金利以上に無利息は有利なのは明白であり、少額キャッシングでは非常に利点を受けやすいサービスです。

 

即日融資も消費者金融に分がある

多くの方は5万円以下の小額融資を受ける場合には、急な旅行や飲み会、冠婚葬祭のように慌てて借りたいという方が多く、そういう時に即日融資を利用する事が望ましいです。即日融資は申し込み当日中にでも借入可能なサービスであり、審査速度が早い消費者金融で申し込みを行う方が銀行や信販等よりも有利な可能性が高いと言えます。

 

銀行でも最近は即日融資対応していたり、利便性を高める工夫を行っている所も多いですが、銀行カードローンにおける即日融資は受け付け可能な時間が短い点が弱点です。まず土日祝日等は銀行で即日対応しておらず、平日でも夜間は審査受け付けしていないですし、消費者金融の場合は土日祝日でも21時辺りまで対応している所が多く、利便性が高い業者と言えます。急な小額出費が必要な状況では、銀行よりも消費者金融キャッシングが有効であり、即日対応や無利息条件をチェックして行うと良いです。

 

様々な業者の無利息キャッシングのサービス設定をチェック

初回のみ30日間無利息、5万円まで180日間無利息、何回目の利用でも7日間無利息という形で無利息キャッシングには制限設定があります。こうした設定条件を審査前に調査して、最も適した業者を選んで申し込みをする事が有効と言えます。各社のサービスや条件をまとめサイト等でチェックすると、比較検討しやすいですから、情報収集を徹底させて無利息になる条件を知った上で利用する事です。

 

本人に収入が無い専業主婦の場合は銀行が有利

上記では消費者金融の利点を強調してきたのですが、少額でも銀行カードローンを選択した方が良い例外として、本人に収入が無い専業主婦の申し込みです。

 

総量規制が適用される消費者金融では、専業主婦の借入は原則として出来ない仕組みであり、銀行は総量規制が関係無いですから、条件によって専業主婦でも銀行カードローン利用が出来ます。一般的には配偶者との婚姻関係や配偶者の収入を証明しながら審査を進めていく事が求められる仕組みです。

 

配偶者に知られずに借金したい専業主婦

専業主婦は配偶者の収入証明等がカードローン審査で必要ですが、配偶者に知られずに借金を行いたいという方も多いです。そこで配偶者に黙って借りる事が可能かどうかと言うと、銀行カードローンでは配偶者の同意書も無く借金出来る業者が存在しています。

 

三菱東京UFJ銀行、東京スター銀行、イオン銀行等、他にも多数の銀行が同意書無しでも審査対応しており、審査クリアに関しては信用情報等の借入状況等も含めて考慮される事になりますが、配偶者に知られずに借金は可能です。

 

ここまで少額キャッシングについて記載してきましたが、利用者の条件によってどの業者を選べば良いかは違ってきますから、特徴を知った上で業者選択を行い、サービスの恩恵を受けながら有効活用が望ましいと言えます。

1万円借りたい時でもキャッシングなら簡単

ちょっとお金が足りない時、それが1万円程度の額であっても家族や友人から借りるのはちょっと・・という方にはキャッシングがおすすめです。

 

キャッシングでは1万円を借りたいだけであってもある一定の限度額が付与される事になります。最少限度でも10万円の限度額にはなるので、その範囲内であればいくらでもお金を借りる事が可能です。

 

10万円なら借りやすい

キャッシングの限度額によっては審査に通りにくくかったり時間がかかったりと色々影響がありますが、10万円ぐらいの限度額の場合には審査も通りやすいので融資までスピーディーに進みます。成人していて仕事のある人であれば、本人確認書類さえ用意すれば即日キャッシングの可能性は高いですが、どんなに小額であっても根本的な問題がある場合には融資を受ける事はもちろんできません。

 

例えば過去に信用情報に延滞記録がついてしまってブラック状態になっている人は、どこで申し込みをしても絶対に審査には通りません。もしそのような人でも融資をしますという業者があれば、悪質な貸金業者の可能性が高いので利用しないように注意しましょう。

 

そのような問題も特になく、他社での借り入れが無いか総額が少ないなどの場合には、10万円の限度額であればすぐに認められる事がほとんどです。収入証明書の提出も必要ありませんし、多額の収入がないアルバイトやパートの方であってもだいたい借りられる額が10万円となっているのです。

 

申し込み時間

消費者金融でも銀行でもキャッシングの申し込みは24時間いつでもできます。インターネットの公式ホームページから専用フォームで申し込む方法はどこの業者でも受け付けていますし、、一部の業者では電話で直接申し込む方法で24時間受け付けているところもあります。

 

申し込むだけならば24時間可能ですが、審査は24時間できるというわけではありません。審査可能な時間は各業者によって若干の違いはあってもほとんど同じです。朝は9時から夜は20時ぐらいの間に申し込みをすれば即座に審査が開始されますが、その時間以外に申し込みをしたら審査開始まで待つ事になります。

 

消費者金融にある自動契約機の営業時間は長いので、朝8時ぐらいから夜は22時ぐらいまで営業しているのがほとんどですが、審査には最短で30分かかり場合によってはもっと時間がかかる事もあると考えるとなるべく早くに申し込みをしておいた方がいいでしょう。即日キャッシングを希望するのであれば夜はなるべく20時までには申し込むようにしたいですね。

 

振り込みはさらに時間に注意が必要

振り込みでの融資を希望する人は多くいますが、時間によってはその日のうちに入金できないので注意が必要です。振り込みは銀行の窓口が営業している間に依頼をしなければなりませんので、初めてのキャッシングで当日振り込みを目指すのであれば申し込みから審査を終えて、手続き終了までを14時までに終えておきたいところです。

 

しかも振り込みは基本的には平日のみの扱いとなるので、土日祝日に振り込みを依頼すると次の銀行営業日での振り込みとなります。消費者金融によっては24時間即振り込み対応ができるところもありますが、指定インターネット銀行の口座がなければなりません。インターネット銀行の口座は店頭と違ってすぐに作る事ができないので、もともと持っていない限りは即日振り込みとしての利用はできないでしょう。

 

無収入でも借りられる専業主婦

どんな融資でも返済能力がなければ借りられないので、収入がない人がキャッシングを利用する事は原則できないはずなのですが、専業主婦に関しては例外です。専業主婦の場合には、自分の収入はなくても生活ができています。
その事自体が配偶者に収入があるからという暗黙の了解になりますので、婚姻関係さえ証明できれば他の書類も特別必要なく簡単に融資を受けられます。

 

そのように配偶者に安定した収入がある専業主婦にならお金を貸してくれるのが銀行のカードローンです。消費者金融では法律上のルールがあるので収入のない人に融資をする事ができませんが、意外にも銀行では大丈夫なのです。

 

専業主婦の場合は配偶者の収入の額に関係なく、借入できる限度額は最大でも50万円までとなっていて、場合によってはパートの主婦が消費者金融で借りるよりも高額のキャッシングができる場合もあります。

 

ブラックOKにはご注意を

ブラックの人がなんとかしてお金を借りたい場合につい頼ってしまいたくなるような小さい貸金業者も多数あるのは事実ですが、基本的に独自審査と言っている業者は正当に営業していないと考えていいでしょう。

 

そこまでしてまでお金に困っているのであれば、それ以上借りる事ではなく負債を減らして生活を見直す事を先決にして、必要であれば専門家等に相談してみる事をおすすめします。

カードローンスペック

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

4.7%〜18.0% 500万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日